のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

新聞記者

平均的な日本人らしく

      …と言ったら 語弊があるかもしれませんが💦

私は、政治について あまり詳しくありません。

 

そんな私が 観てきました。

『新聞記者』

韓国人女優のシム・ウンギョンさんと松坂桃李さんが

W主演を務めた社会派サスペンス。

f:id:nonorikka:20190629171021j:plain

まず 驚いたのは、

今の日本でこんな映画が作られて

なおかつ 全国公開できたんだ!

と いうこと。

 

主演の2人が演じるのは、

新聞社の女性記者と

内閣情報調査室(内調)の官僚。

内調といえば、米CIAや英MI6のような

日本版諜報機関とも言われています。

だからと言って、

スパイ映画みたいな

派手なアクションや大胆な推理劇は一切なく、

むしろ 坦々と

現政権下で実際に起こった問題を

彷彿とさせるような事件を追う展開は、

あたかもノンフィクションを見ているような

そんな錯覚も覚えてしまいました。

 

 

  *

 

 

正義って 何なのだろう…?

恐らく 答えは出ないでしょう…

 

思考停止して

流れに任せた方が 楽に生きていけるのかもしれない。

 

それでも、

私たちは考えるべき。

本作を観て、そんな風に 感じました。