のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

Diner ダイナー

ようこそ

    殺し屋専門のダイナーへ

 

 …という めっちゃ不穏な😨キャッチコピーと

藤原竜也さんの大仰な予告編に惹かれて、

観てきました。

『Diner  ダイナー』

f:id:nonorikka:20190706115017j:plain

過激で過剰でグロい描写満載 らしい (未読です…😅)

平山夢明氏の同名小説が 原作。

藤原竜也さんが 元殺し屋の天才シェフ、

奥田瑛二さん、窪田正孝くん、真矢みきさん等々

豪華俳優陣が あやしく(妖しく怪しく奇しく)美しい殺し屋を演じました。

監督は 蜷川実花さんです。

蜷川実花さんと言えば、

舞台演出家 故蜷川幸雄さんの娘で

感性溢れる色彩鮮やかな作品を撮ることで有名ですよね。

 

そんな彼女の監督作品は、

   派手!

   極彩色の洪水!!

   なのに、漂うのは ダークな雰囲気…

ニナミカさんワールド全開でした。

 

「殺し屋」が たくさん登場するけど

目を覆いたくなるような場面は あまり無く、

「ダイナー」だけど、

出てくる料理は 正直 ビジュアル的には

あまり美味しそうじゃない( ̄  ̄;

だけど、

役者さんたちの

美味しそうに「食べる」演技には魅了されました。

そして、

メキシコのグアナフアトに行ってみたくなりました。