のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

夜のピクニック…次男の場合

みんなと夜歩く。

たったそれだけのことなのに、

どうしてこんなに特別なんだろう。

f:id:nonorikka:20190803111040j:plain

恩田睦さんの『夜のピクニック』という小説を

ご存知ですか?

2004年に発売された作品で

のちに、多部未華子さん主演で 映画化もされました。

朝 学校を出発して、夜を徹して歩く

歩行祭」という伝統行事を舞台にした

高校生たちの青春小説です。

 

次男の通っていた高校にも

似たような行事がありました。

ただし…質実剛健を旨とする男子校なので、

小説のような胸きゅん💕ドラマも

次男には 起こらなかったのですが…( ̄▽ ̄)p

 

以前、違うブログで書いた記事を

手直しして、再掲します。

 

👣     

 

出発の朝、

小雨に降られながらも

元気に一歩を踏み出した生徒たち。

雨はすぐに上がったものの 気温も上がり、

その蒸し暑さは

ただただ歩くだけの生徒たちにとって

かなり嬉しくないコンディション…

空の色と同じ、先行きもグレーな予感の

夜ピク」スタートでした。

 

👣     👣

 

保護者の私は、初日の夕方、

歩行途中の安全を見守るお手伝い係。

誘導棒を振って交通整理などしつつ

早くも疲れをにじませて歩く生徒たちに

励ましの声かけをしていると、

意外にも 先頭集団の中にいた次男が

余裕で?私へ手を振りながら、通過。

ココ、ちょっと胸きゅんでした♡

その後、続々とだんご集団と化した生徒たちが

目の前を通過していき…そして、

だんだんと集団もまばらになっていきます。

それでも まだ後方小集団もいるらしい

という情報が届いた頃、

遠目にもふらふらと歩く生徒の姿が目に入りました。

思わず そばまで走っていき

「大丈夫?」と声をかけると、

「大丈夫です…」と気丈に言いながらも

歩みはよろよろよれよれで…ついには道端で嘔吐。

そのまま座り込んでしまった生徒に寄り添い

背中をさすっていると、

後ろから「大丈夫か?」と教員の声。

しばし、2人の間でリタイアしろ・したくないですの押問答があり、

結局、その生徒は・・・リタイアを選択。

号泣しながら救護班の車に乗り込む彼の背を見送る私の胸も ぎゅうっと締めつけられました…

 

👣     👣     👣

 

その夜。

自分の係の仕事を終えた後、とあるポイントへ移動。

そこは田舎の一本道が見渡せる場所。

真っ暗な中、

煌々としたライトの隊列が長々と連なる光景は、

とても幻想的で圧巻で…

でも、その1つ1つのヘッドライトに

それぞれ1人1人の根性や意地や葛藤やらが宿っているのかなぁ〜と思うと、

胸がきゅっとなりました。

 

👣     👣     👣     👣

 

2日目の朝。

ほとんどの生徒たちの足取りは重く

夜通し歩き続けた疲れが見てとれます。

次男の表情にも笑みがない・・・

けれど、その歩みは止まらない。

私の胸も痛みました。

f:id:nonorikka:20190803143001j:plain

終盤のルート途中のある地点で、

長男とその彼女も応援に駆けつけ

一緒に沿道に立ってくれました。

生徒たちの中には 長男の部活後輩や次男友達もいて、

私たちに気づくと

笑顔を向けたり会釈したりする生徒たちも…

しかし!

のちに、次男からこの時の感想を聞いたら…

疲れのピークを過ぎ、自棄になってる時、

お気楽そうな大学生が可愛い彼女と連れだっていたから

めちゃめちゃ恨めしかった…だそう😅😅😅

ハハハハハ…💦💦

生徒たちの笑顔や会釈は、先輩への忖度だった!?

 

そうして、

その約2時間後に

意地を見せた次男は 先頭集団をキープしたまま

完歩できました。

ゴールの空は、青かった…

 

👣     👣     👣      👣      👣

 

小さな頃から 不器用で 我が道を行くタイプで

華々しい活躍とは無縁の次男は、

3年間の高校生活においても地味に無難で

彼の身にドラマらしいドラマは起こらなかったに違いありません。

ドラマティックメーカーの「夜ピク」でも同様。

けれど、

満身創痍で何度もリタイアを意識したらしい(次男談)次男の26時間は、

次男にとって十分ドラマティックだったはず。

 

そう。

ドラマは 劇的でなくてもいい。

それでも、

私には 十分 ドラマティックで

さまざまな場面で

胸が震えた26時間でした。