のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

AI崩壊

人間がAIを選ぶのか、

AIが人間を選ぶのか?

f:id:nonorikka:20200222185200j:plain

 

 映画を観てきました。

『AI崩壊』

時は2030年、

大沢たかおさん演じる天才科学者が作った医療AIソフト「のぞみ」は、

全国民の個人情報と健康を管理し、

いまや社会インフラとして欠かせない存在となっていた。

ところが、ある日突然、

AI「のぞみ」が暴走を始めてしまい…!?

入江悠監督のオリジナル脚本による

近未来サスペンスです。

 


映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

 

映画の導入部ーー医療を始めとしたあらゆる場面でAIが生活をサポートする様子は、

まさに “薔薇色のAI近未来あるある”だと感じました。

現実でも、AIはどんどん進化していて

この映画同様、近い将来、

各種AIが 社会インフラになくてはならない存在となるでしょう。

そんな時代が目前に迫ってるからこそ、

人間の手でできる余地を手放してはならない

と 思いました。

 

 

・・・と、真面目な映画の感想を述べた後で。

ストーリーとは 全然関係ないんだけど。。。

 

↓ この俳優さん、

出演シーンは少ないけれど物語のキーマンであります。

f:id:nonorikka:20200222185222j:plain

でも、nonoはストーリーの意向とは違う意味で気になっちゃって…(^◇^;)

 

というのも

この方、毎熊克哉さんは、

サタミシュウ氏の官能SM小説『私の奴隷になりなさい』を映画化した時の主演男優さんだったのです。

ちなみに、この映画は3部作で 1作目は壇蜜さんが主演女優だった…と言えば、なんとなくそのハードな♡内容も、想像できるでしょうか?( ̄∇ ̄)b

 

 

いや〜〜〜ん o(≧▽≦)o 

あの映画で

あの男優さんが行ってた

あんなコトやそんなコトが

脳裏に蘇ってきちゃうよ〜〜💦💦

\(//∇//)\\(//∇//)\\(//∇//)\\(//∇//)\\(//∇//)\

 

 

AIの暴走を止めるべく

大沢たかおさんが決死の覚悟で奔走してる最中に、

nonoが不埒な妄想をしていたとは…

何でもできちゃうAIでも

わからなかったでしょうね。。。( ̄w ̄)