のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

Fukushima50 と100日目のワニ

死が

 いつ

  やって来るか

なんて、

だれにもわからない。

f:id:nonorikka:20200320093750j:plain

先日、映画を観てきました。

『Fukushima50 フクシマフィフィ

 

ホントは、観るのを躊躇していました。

コレを映画として観てしまったら、

まだ終息していないアレ

「過去の大変だった出来事」

になってしまうのでないか

と恐れたから。

 

あの時、

そして 今も東日本に住んでいる日本人の1人として

アレは 決して他人事ではありません。

しかし、

観ないでぐだぐだ逡巡するのなら、

ちゃんと観て考えようと思い…

鑑賞に至りました。

 


佐藤浩市×渡辺謙主演!映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)予告編

 

無論 リアルタイムとアフターを知っているので

展開の大筋はわかっていて、

あの当時

付け焼き刃的に原発の仕組みや放射線についての情報が氾濫したので

ベントとかシーベルトのような難解用語が飛び交っても

映画視聴中の思考を中断させられることはありませんでした。

 

 

ここで、唐突ですが。

nono、Twitter 始めました!

 

そして、

またまた、唐突ですが。

最近、巷で話題の

きくちゆうきさんの

『100日後に死ぬワニ』

って 知ってますか?

とあるワニの日常を描いた

なんてことのない ほのぼの漫画なのだけど、

異色なのは

欄外に「死ぬまであと◯日」とあって

毎日カウントダウンされていくところ。

なんと、

今日が その100日目なのです。

 

で、

この4コマ漫画をフォローしたくて

Twitter始めちゃったのです(๑˃̵ᴗ˂̵)b

ちなみに

ブログをやってるけど

引っ込み思案な!nonoなので

Twitterでつぶやく予定はありません( ̄▽ ̄)ゞ

 

 

100日後に死ぬワニも、

福島原発にいた人々も、

私たちも、

本当は 一寸先のコトも知らずに生きています。

 

100日目のワニがどうなるか?

ブログを書いてる今現在の私にはわからないし、

映画『Fukushima50』は観終わったけれど、

福島原発廃炉はまだまだ終わっておらず

この先がどうなるかもわかりません。

 

わからないけど。

わからないから。

今日一日一日を大切にしたい。

と改めて思いました。