のの日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに 〜美味しいものとか 植物とか 映画とか〜

半地下と雪と、持つ者と持たざる者と

昨夜、

地上波放送の『パラサイト 半地下の家族』を観ました。

劇場公開された当初は

ネタバレ不可!

と言われてたけど、

・・・もう大丈夫ですよね?( ・∇・)d

 

nonorikka.hatenablog.com

 

 昨年、劇場では字幕版を観ましたが、

字幕の時はそれほど面白く感じなかった台詞にウケたり

笑い ってスピード勝負のトコもあるから

字幕を追ってると、どうしても笑うツボに時差が生じちゃうんです…(⌒-⌒; 

逆に 吹替えで面白さが半減した場面もあったり。

例えば…

元家政婦が調子こいて(笑)北朝鮮の有名アナウンサーのマネするトコは、

やっぱ あの朝鮮語のイントネーションで聞いてこそ、でしょ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

エンタメたっぷりのコメディで

エグいサスペンスで

小気味よいコンゲーム

それでいて社会派ーー

を、2回目ならでは〜の目線でも楽しめました。

 

 

そんなこんなで

約1年前の鑑賞直後の興奮も蘇ってきたので、

stay home の3連休。。。

ポン・ジュノ監督祭り←と称して

『スノーピアサー』(2013年公開)

を視聴しました。

 


【Kstyle】 ポン・ジュノが放つ近未来SFエンターテインメント『スノーピアサー』予告編

 

地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質が

地球に想定外の氷河期をもたらし、

永久機関を持つ列車「スノーピアサー」に

乗った人々だけが生き残ることに成功する。

それから17年後の2031年。

列車は前方車両に乗る富裕層と

後方の貧困層とに分断され、

常に最後尾は虐げられてきた。

そんな不平等な現状に終止符を打つべく、

最後尾が革命に立ち上がるが・・・

 

f:id:nonorikka:20210110094407j:plain

 

『パラサイト』が

上下で 格差社会を表現したならば、

『スノーピアサー』は

前後で 格差社会を表現したと言えそうです。

 

全ての生物が凍てつき死に絶えた世界で

なんとか生き残った者たちを乗せ

雪を突き抜けるように走る長い長い列車は、

まるでノアの方舟みたい。

そんな破天荒なSF的設定と

先が読めそうでありながら それを覆す展開に

圧倒された2時間でした。

折しも 最強寒波来襲中だったから、

画面上の 雪と氷に閉ざされた地球の姿が

めっちゃリアルに寒かったです:;(∩´﹏`∩);:

 

ところで。

小ネタなのですが…

『パラサイト』に出てきた豪邸をデザインした建築家は

"ナムグン"という名前でした。

『スノーピアサー』の主要登場人物で

列車のセキュリティを設計した人物の名前も"ナムグン"

で、その役を演じたのは、

『パラサイト』で主人公を演じたソン・ガンホ

コレって

監督の遊び心なのかなぁ?( ´ ▽ ` )