のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

人間失格 太宰治と3人の女たち

恥の多い生涯を送ってきました…

                 太宰治著『人間失格』より

f:id:nonorikka:20190924185014j:plain

この間、映画を観てきました。

蜷川実花監督の人間失格  太宰治と3人の女たち』

 

せくし〜♡で破天荒な太宰治小栗旬さん。

太宰を取り巻く3人の女たちには、

耐える賢母本妻を宮沢りえさん、

作家志望のお嬢様愛人を沢尻エリカさん、

一緒に死んじゃう未亡人の愛人を二階堂ふみさんが

それぞれ演じています。

 

ニナミカさんらしい色づかいが印象的で

昭和デカタンな雰囲気の漂う映像でした。

 

*  *  *

 

私が太宰治を知ったのは、小学生の時。

走れメロス』を 多分 道徳か何かで読んだのが

いちばん最初だったと思う。

単純な子どもだったので(笑)

   友情って素晴らしいなぁ〜✨

という 感想を、当時は持っていたに違いない( ̄∇ ̄)b

あの頃は、

有名な作家先生=道徳的にも立派な人

と思っていた。

 

時が経ち…高校生になった私。

ある日、

なにげに見てた国文学の参考書の太宰治のページ。

彼の経歴欄を見て、ぶっ飛んだ((((;゚Д゚)))))))

   バツあり 妻子あり 愛人との間に子あり、

   アル中で ヤク中で、

   愛人との心中未遂を繰り返し、

   肺病を患い、

   最後には 新しい愛人と心中しちゃう…

はぁっ!?

メロスが激怒するほど

めっちゃ 不道徳な人じゃん!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

そうして、やっと

有名な作家であればあるほど、

破天荒か不道徳に違いない!

と知るに至る・・・_φ( ̄ー ̄ )

注!! あくまで、個人的な見解です✋

 

 

*  *  *

 

本作では

才能に溢れ繊細で優しく自信家だけど、

弱さと脆さを持つ太宰治

魅力的に描かれていました。

そして、女は やっぱり 強い!  ( ̄∇ ̄)g

めくるめく 2時間でした。