のんのん日和♪

のんびり ゆるっと 朗らかに

蜜蜂と遠雷

最後に音楽の神様に愛されるのは誰か?

天才たちが共鳴し合うアンサンブルの物語。

f:id:nonorikka:20191008221532j:plain

きちんとしたクラシックの知識はないし、

楽器を演奏することもできないけれど、

私は、クラシックの調べが好き🎶

なので、

予告編を見たときから

この映画をずっと楽しみにしていました。

蜜蜂と遠雷

 直木賞本屋大賞をW受賞した

恩田睦さんの 同名小説が原作です。

 

国際ピアノコンクールを舞台に

若き4人の天才ピアニストたちが

互いに才能と情熱をぶつけ合いながら

成長していく物語。

 

 

「天才」 「ライバル」 「コンクール」

三題噺だったら、

火花バチバチ🔥 嫌がらせでドロドロ〜😱

という展開が 定番ですよね?

けれど、

本作は 全く真逆で

全体を通して、ほのぼの〜♪ きらきら〜☆

 *脱線しますが、ドロドロ〜のお話、むしろ 嫌いじゃないです( ̄w ̄)

もちろん、

天才ゆえの苦悩や挫折、敗北も描かれてるけど

あくまで スクリーンに流れる空気は 清々しい。

そして、

やはり 素晴らしかったのは 音楽と演奏シーン。

圧倒され、心を動かされ、快く響きました。

「文字から音楽が聴こえてきた」

と評された原作小説の魅力を損ねず

具現化されていたんじゃないかなぁと思いましたよ♫